疲労物質FFを減らす

この疲労物質FFは、どんな時に出来やすいのでしょう。
一口に疲れるといっても、いろんな疲れ方があります。

単純には肉体労働ですが、その他にも以外な生活習慣がFFを増やしてしまっているようです。

たとえば夏場の生活の仕方ですと
・室内と外との気温が5度以上
・冷たい飲み物を飲む
・42度の熱いお風呂に入る。
・夜中に暑くて何度も目が覚める

こういった習慣は「自律神経」に負担をかけるため、中枢神経にFFが激増します。
自律神経、特に交感神経を刺激しすぎないことが大事です。

では疲労物質FFを早く減らす方法ですが、一番良いのは「ぐっすり眠ること」
また血行を良くすることも効果があるようです。

食べ物で減らすなら「鶏の胸肉」
この鶏の胸肉にはFFを減らす「イミダペプチド」という物質が多く含まれています。いっしょにビタミンCを摂ると疲労回復のスピードが2倍になるとか!?

と言っても食べすぎは良くありませんから、FF増えてるかな〜と思ったときに適度に食生活に取り入れてみると良いでしょう。


>>糖化について考える

あなたの疲労を癒す総合サイトHOME
Copyright (c) 2005-2010 あなた、疲れていませんか? All right reserved.

・疲労の原因
・体の疲れを取る方法
・心の疲れを取る方法
・デトックス
・役に立つ健康法
・疲労と関連のある病気
・疲労回復に役立つ雑学

あなたの疲労を癒す総合サイトHOMEへ