よくかんで食べること!

あなたの疲労を癒す総合サイトHOME

あなたの疲れを癒す総合サイトHOMEへ

「よくかんで食べること」
このことの重要性はいろんな面からよくいわれます。

たとえば、よくかむことは「あごの発達」をうながします。最近の子供達はあごが小さいため永久歯が入りきらなくて歯並びが悪くなることが多いそうですが、あごが正常に発達すればそういうことは少なくなります。
また、かむことで脳に刺激が行き、頭の回転もよくなります。

ダイエットにも効果があります。よくかむと「満腹中枢」が刺激されて、少量食べただけで満足するようになります。

分泌されただ液はいろんな働きを持っています。
殺菌作用があるので、口から入った風邪のウイルスを殺してこれ以上中にウイルスが侵入しないようにします。

そして食べ物の中にある毒素も、実はよくかむことによって「毒消し」することができるのです。
よくかんでだ液と混ざり合えば、食べたものが多少体によくないものであっても中和してくれます。

これは私の想像ですが、「集団食中毒」が起きたときでも、全員が必ず中毒になるわけではなく、同じものを食べても平気な人も存在するんですね。
免疫力があるとか、胃腸が丈夫だとか、まぁいろんな要素があるのだとは思いますが、その中のひとつに「よくかんで食べる」というのも入っているのではないかとにらんでいます。
あなたはどう思いますか?

「よくかんで食べること」・・・今すぐにでも実行できる「毒素排出(デトックス)」の第1歩です。
いいことずくめの健康法ともいえるかもしれません。
ぜひ次の食事から意識してみましょう!

>>体から毒素を出す方法

・疲労の原因
・体の疲れを取る方法
・心の疲れを取る方法
・デトックス
・役に立つ健康法
・疲労と関連のある病気
・疲労回復に役立つ雑学