冷えを取ることの重要性

あなたの疲労を癒す総合サイトHOME

「真夏の冷房が効きすぎてツライ」
「冬は足が冷たくて眠れない」


そんな「冷え」に悩む方多いと思います。私も以前「冷え性」でしたが、ホントにつらいものです。
何かいい方法がないかといろいろ情報を探してみるわけですが、「カイロで腰を暖めるといい」とか「靴の中に唐辛子を入れたらいい」などの外から暖める方法や「暖かい食べ物・飲み物」で中から暖める方法が見つかります。

だけど、どれも一時的なものであって、根本的に冷え性が治るという方法ではないんです。
でも、放っておいてはいけません。「風邪は万病の元」ならぬ「冷えは万病の元」です。治しておかないと大変なことになります。

「冷え」はなぜいけないのかというと・・・
まず、「冷える」と血行が悪くなります
血行が悪くなると血液がよどみ、血液が汚れます

よくないものを食べ過ぎると「血液が汚れ」ますし、便秘になっても、ストレスがたまっても、運動不足でも血液が汚れます。でも、「冷え」も血液を汚すんですね。

そして、「血液が汚れる」とどうなるかというと、
疲労、肩こりは当然のこと、高血圧、高脂血症、アトピー、腎炎、肝炎、胃炎、不妊、腫瘍、神経痛・・・・もうあげたらキリがないくらいいろんな病気の原因になります。


では、どうすれば血液はきれいになるのでしょうか?

これもまた「レタスを食べたらいい」とか「いい水をたくさん飲む」とか、いっぱい情報があります。
でも、まず理解しておいた方がいいことは、「熱は血液中の汚れを燃やす」ということ。
がん細胞は熱に弱く、43℃以上の熱で死滅するそうです。
ということは、逆に「体を温めることはがんを予防すること」にもつながるのです。

体を温めると熱によって血液がきれいになるんですね。
ですから、血液をキレイにする食材をとる場合、体を冷やさないものを選ぶことも重要です。

冷え性を解消するための基本をあげておきます。
  冷たいものを食べたり飲んだりしない。
  水分を取り過ぎない。
  腰から下は薄着にしない。
  お風呂はシャワーではなく、湯船につかるようにする。
  体を温める食べ物を常食する。
   (食べ物に気をつける@のページの陽性の食べ物)
  冷えの原因である体の水分を排出する食べ物を食べる。
   (ねぎ、ゆでアズキ、黒豆あたりがオススメ)

他にももっといろいろあるのですが、まずこれらのことに気をつけて見てください。


それから「しょうが紅茶」を飲むこともオススメします。

ショウガ紅茶は医学博士の石原結實先生が、いろんな著書の中で強く提唱しているものです。
普通の紅茶にすりおろしたショウガを入れたショウガ紅茶は、体を温め便秘を解消し、その結果ダイエット効果もあるというスグレモノ。
毎日欠かさず飲んで、かなりの効果があったという方も多いようです。
ショウガをすりおろすのがめんどうだったら、チューブ入りのものでもかまいません。甘くしたい場合はハチミツまたは黒砂糖を入れましょう。(白砂糖は体を冷やします)

また冷え性対策の書籍も数多く出ています。自分の生活に無理なく取り入れられる方法を見つけ、早く冷え性から脱却してくださいね☆

>>運動、続かないよね@

あなたの疲れを癒す総合サイトHOMEへ
Copyright (c) 2005-2013 あなた、疲れていませんか? All right reserved.

・疲労の原因
・体の疲れを取る方法
・心の疲れを取る方法
・デトックス
・役に立つ健康法
・疲労と関連のある病気
・疲労回復に役立つ雑学