自律神経失調から来る疲労

「自律神経失調症ですね」

あきらかに体調が悪いのに、検査の結果は何も出てこない。
そんな時にお医者様から言われる言葉の多くは「自律神経失調症」

あとは頭痛なら頭痛薬、不眠なら睡眠導入剤など、症状に合った薬をいただくわけですが
納得行かない感じを受けたことはありませんか?

お医者様はあまり説明しませんし、私達も自律神経についてあまりよく知らない。
そこに大きな落とし穴があったんです。

今注目を浴びている安保徹先生の疲れをためない生き方 には
自律神経について懇切丁寧に説明がされています。
今まで自律神経について無知だったことが、いかに健康を害してしまったことか!
反省とともに何度もこの本を読み返しました。

疲労の原因について情報を集めて、たくさんいろんなことを書いてきましたが
もしかすると全てがこの本に書かれている自律神経の働きに集約されて
説明できてしまうのかもしれません。

本を読んでいただくのが一番良いとは思いますが、疲労回復のしくみというホームページも作ってみましたので、よかったら参考にしてみてください。

一番大事なのは「自律神経のバランスが取れていること」
そしてそのような人がいかに少ないか!

また逆に自律神経のどちらかに偏った生き方は、いかに危険なものであるのか。
「日の出とともに起き、暗くなったら休む」
昔ならあたりまえの生活を、現代人が捨ててしまったところから
今さまざまな病を生み出しているのではないかと思います。

あなたの疲れの原因も、自律神経の改善がキーポイントになるかもしれません。
よかったらご一読ください。

疲れをためない生き方


・運動などによる肉体疲労   ・目の疲れからくる疲労         ・食べすぎと運動不足による疲労 
・電磁波による疲労       ・疲労の影に病気が隠れている場合 ・更年期障害の影響から来る疲労 
・体のゆがみから来る疲労  ・脳の働きが悪いことから来る疲労  ・ストレスから来る疲労 
・いびきをかいてませんか?
 ・内臓が弱っていませんか?      ・自律神経失調から来る疲労


あなたの疲労を癒す総合サイトHOME

・疲労の原因
・体の疲れを取る方法
・心の疲れを取る方法
・デトックス
・役に立つ健康法
・疲労と関連のある病気
・疲労回復に役立つ雑学

Copyright (c) 2005-2013 あなた、疲れていませんか? All right reserved.

あなたの疲れを癒す総合サイトHOMEへ