食べすぎと運動不足による疲労

食べ過ぎると疲れます。
なぜかというと、食べ物を消化するためにエネルギーを使うからです。

食べる時には「疲れたからチョコレートでも食べよう」とか
「コーヒーでも飲んでみよう」と思いますよね。

もちろん血糖値が上がって元気になったり
カフェインの作用でシャキッとしたります。

疲れが取れたかのように感じますが
これって一時的なんですよね。

食べたモノを消化しようとするため、血液が胃腸に集中し
エネルギーも使われます。

その結果、頭の方の血流が不足して眠くなったり、
エネルギーが使われるということは疲労にもつながります。

「食べ疲れ」という言葉もあるんですよ。

で、眠気と闘ってまた疲れたり・・・
そしてそれをごまかそうと、また何かを食べてしまう。

そんな繰り返しをしていませんか?


運動不足にもそんなワナがあります。

いったん座り込んでしまうと
動くのがおっくうになります。

じっとしていると血行が悪くなって
さらに動くのが苦痛になります。

そのうち体が冷えてきて筋肉も固くなり
さらに動くのが大変になってきます。

もうそうなると運動しようという気が起こりません。

「運動しなきゃと思うんだけどね・・・」
あなたもそうつぶやいていませんか?

「腹八分目と適度な運動」
耳タコができるほどよく聞くフレーズですが
これをきちんと守りさえすれば、普通の健康って維持できるものなのです。

あなたの疲れは働き過ぎとか体調が悪いからなんかじゃなくて
単に食べ過ぎと運動不足で起こってるのかもしれませんよ・・・




・運動などによる肉体疲労   ・目の疲れからくる疲労         ・食べすぎと運動不足による疲労 
・電磁波による疲労       ・疲労の影に病気が隠れている場合 ・更年期障害の影響から来る疲労 
・体のゆがみから来る疲労  ・脳の働きが悪いことから来る疲労  ・ストレスから来る疲労 
・いびきをかいてませんか?
 ・内臓が弱っていませんか?      ・自律神経失調から来る疲労

・疲労の原因
・体の疲れを取る方法
・心の疲れを取る方法
・デトックス
・役に立つ健康法
・疲労と関連のある病気
・疲労回復に役立つ雑学

Copyright (c) 2005-2013 あなた、疲れていませんか? All right reserved.

あなたの疲れを癒す総合サイトHOMEへ