脳の働きが悪いことから起きる疲労

疲労を取るためには、体の隅々まで正常に調子よく働いていなければなりません。
どこかの調子が悪いと、体全体が不調になり疲れが取れなくなります。

その不調の原因が実は「脳」にあるとしたら・・・・

脳の「前頭眼窩野」という部分が重要なポイントです。
眼の奥にある狭い部分なんですが、ここが実は体全体に「疲れをとれ!」
という命令を出しています。

その命令に従って、肝臓や腎臓や筋肉などの各臓器が疲れをとるように
一生懸命働くわけです。

でも、この「前頭眼窩野」は最も衰えやすい場所。25歳がピークだともいいます。
特に、人とのコミュニケーション不足が一番衰える原因だそうです。

なんか「ドキッ!」としませんか?
「今日一日、誰ともしゃべってないし・・・」
「急に人としゃべれっていってもねぇ・・・」

そんな状況にある人も多いのではないでしょうか。

でも、大丈夫。1人でもできるトレーニングがあります。

 @寝る前に「こめかみマッサージ」をする。
    前頭眼窩野は目の奥にありますから、こめかみからのマッサージによって、
    血流が良くなります。
    親指か中指で「息を吐きながら押す」「息を吸いながら離す」という動作を
    10回くりかえしましょう。

 A寝る前に「人の顔」を思い浮かべる。
    不思議なことなんですが、これだけで前頭眼窩野の働きがUPするそうで
    す。中でも「キライな人の顔」が一番効果的。
    でも、かえってストレスになるようだったら逆効果になるのでやめましょう。

これで、いつもと朝の寝起きが違うかも?!


あとは日頃から「人と話すように心がけること」
脳の栄養の為に「ビタミンB群とカルシウムなどを積極的に摂ること」
などをオススメします。


・運動などによる肉体疲労   ・目の疲れからくる疲労         ・食べすぎと運動不足による疲労 
・電磁波による疲労       ・疲労の影に病気が隠れている場合 ・更年期障害の影響から来る疲労 
・体のゆがみから来る疲労  ・脳の働きが悪いことから来る疲労  ・ストレスから来る疲労 
・いびきをかいてませんか?
 ・内臓が弱っていませんか?      ・自律神経失調から来る疲労


・疲労の原因
・体の疲れを取る方法
・心の疲れを取る方法
・デトックス
・役に立つ健康法
・疲労と関連のある病気
・疲労回復に役立つ雑学

Copyright (c) 2005-2013 あなた、疲れていませんか? All right reserved.

あなたの疲れを癒す総合サイトHOMEへ