備長炭の効能・効果

「木炭は健康にいいよ」
「水に入れておくだけで、おいしくなるよ」


ばくぜんとそんな情報は耳には入っていても、「そうかな〜」って思うぐらいで、何かなければ、わざわざ試してみようなんてしないもの。

でもね、備長炭って不思議なパワーがいっぱいあるんですよ。

医学博士の牧内泰道さんが書いた木炭パワーでなおるという本によると、備長炭にはこんな効果があるそうです。

 @ 浄化作用
 A 湿度調整作用
 B 防腐作用
 C 磁気調整作用
 D マイナスイオンを発生
 E 遠赤外線を発生

備長炭を使うと具体的にどんな良いことがあるかというと、

1、不眠症の人が眠れるようになります。

   これは 竹炭枕などの寝具を使ったり、枕元やベッドの下に置いたりします。
   マイナスイオンによるリラックス効果と遠赤外線で体が温まるので、気持ちよく
   眠れるそうです。

2、部屋の「気」がよくなります。


   「運勢のある部屋作り」といったところでしょうか。
   部屋の四隅に備長炭を置くことによって、家電製品から出る電磁波による
   磁場の乱れを正し、ハウスシック症候群の原因になる新建材から出る
   有害物質を吸収します。
   脱臭効果もあるので部屋のにおいもなくなります。
   そして、なによりも「気持ちのいい」「居心地のいい」部屋になってきます。
   そういう部屋で寝起きすると、健康になり、次第に運勢のある人間に
   なれるのです。


家にいる時間が長い場合には、部屋の環境って体にけっこう影響を与えてるんです。
TVやパソコンからの電磁波を浴びながら、新建材からのホルムアルデヒドを吸い込んで、プラスイオンがいっぱいの室内で長時間過ごしているのは、あまり良いこととは言えません。

目に見えないものなので、効果は「実感」してみるしかありませんが、「どうも、いつも調子が悪いなぁ」と感じる方や、風水や家相に関心がある方なども、1度試してみてはいかがでしょうか。

家相が悪いといって、そうそう建てなおしたり、引越ししたりするわけにはいきません。でも、備長炭をうまく利用することによって、マイナス部分を修正することはできます。

どれくらいの量を置くと効果があるかというと、3LDKの広さで50〜60キロの量が目安とのことです。

でも、まずは簡単なところから始めて、効果を確認してみるのが1番ですね。
私がやってる方法をご紹介します。


まずは部屋に置くためのオブジェをを作ってみました。


木炭は重いので、ネットで取り寄せるのがラクチン♪
あとは100円ショップで籐かごや和紙などをいくつか買ってくれば、安価ですてきな手作りオブジェができますよ。

ごはんを炊くときにも竹炭を入れてみました。

いつもよりモチモチした感じになって、ごはんの味がワンランクアップ!
経費節約のため安いお米を食べざるを得ない場合は、特に効果がわかるかも。


お風呂には、炭を作るときにできる「木酢液」を入れると自然の香りがして良い気持ち。とってもリラックスできます。
備長炭をネットに入れて湯船に入れてもOKです。お湯が浄化しますし、ポカポカ暖まりますよ。

炭の良さって、私も以前はそうでしたが、使ってみないと実感できないもの。
ためしに備長炭や竹炭を入れて、ご飯を炊いてみてください。炊飯器で炊いたご飯とは思えないくらいふっくらモチモチです。

私が気に入ってるこだわりのお店の虎斑竹専門店 竹虎 さん、全力で炭の良さをアピールしている「熱いホームページ」です。
生活に炭を取り入れようと思うなら、素適なグッズが満載です。


>>風邪の予防法・対処法

あなたの疲労を癒す総合サイトHOME

あなたの疲れを癒す総合サイトHOMEへ

・疲労の原因
・体の疲れを取る方法
・心の疲れを取る方法
・デトックス
・役に立つ健康法
・疲労と関連のある病気
・疲労回復に役立つ雑学