植物を育ててみる

心の疲れがたまっている時は、植物を育ててみるのもいいでしょう。
あまり世話が大変じゃない「観葉植物」やサボテンなんかがオススメです。

植物には人を癒すパワーがあります。
部屋に置いてながめているだけでも効果があります。

「あんまり実感がない」とか
「いつもすぐ枯らしてしまう」という方もいるかもしれません。

でもそれでいいのです。
「植物が枯れる」ということは、それだけ疲れがたまっているのです。
植物は、人間に力を与え、そして人間の疲れや毒素を吸い取って枯れていくのです。

「ちょっとかわいそう」な気もしますが、「人のために尽くした」植物も、それで使命を果たしたことになるといわれています。

枯らしてしまうからこそ、植物が必要だともいえます。
できるだけ手のかからないものを、たくさん置いて楽しんでください。
そして感謝して育ててあげましょう。

我が家でも自分で買ったり、もらったりしていろんな植物を育てましたが、やはり育てやすいのはサボテンや肉の厚い観葉植物。

しばらく水をやるのを忘れてるくらいがちょうど良いようです。

一番長持ちしてるのは ポトス サンセベリア
枯れにくいです。サボテンすら枯れたのに、サイズはあまりかわらないままサンセベリアは2年、ポトスは7年くらい生きてます。
その他のものは我が家では、数ヶ月から半年までもてばいいほうです。

私は家の中に土を置くのが抵抗があるので、 セラミスを買ってきてそれに植え替えます。
セラミスは長時間水を含むので、水やりは全体が湿る程度にしておきます。
なので、穴の空いた鉢じゃなくても、コップやマグカップでも育てることができます。

私は水やりをしたあとの受け皿に水がたまるのが気になるので、セラミスに植えて育てるのが私には合ってるようです。

あなたの疲労を癒す総合サイトHOME

あなたの疲れを癒す総合サイトHOMEへ
Copyright (c) 2005-2009 あなた、疲れていませんか? All right reserved.

・疲労の原因
・体の疲れを取る方法
・心の疲れを取る方法
・デトックス
・役に立つ健康法
・疲労と関連のある病気
・疲労回復に役立つ雑学