運動、続かないよね? A

運動嫌いのあなたの為に、ちょっとの工夫で続けられる運動を紹介します。

1つは 青竹踏み
1つといわず、5つ6つ買ってきて、あらゆるところに置いてください。
デスクの下、リビングのソファの足もと、台所、洗面所、トイレ、脱衣所・・・・

立ってても、座っていても、そこにとどまってじっとしているところならどこにでも。
TVを見ながら、歯みがきをしながら、洗い物をしながら、「竹踏み」をしましょう!

血液の流れがよくなるし、眠いときには目が覚めるし、多少の不調はこれでよくなります。

「足裏マッサージ」の簡単バージョンですね。
詳しい内容は足裏マッサージで疲労回復のページを見てください。


2つめは爪もみ

「爪もみ?」そう、「爪をもむこと」なんです。

過度のストレスによって、また、正しくない生活によって、私たちの自律神経はバランスが乱れています。
その乱れから活性酸素が過剰に作られます。過剰な活性酸素は正常な細胞を破壊し、あらゆる病気の元となります。

また、自律神経の乱れは血流の流れを妨げます。血液の流れが悪くなると、これもまた、様々な病気を引き起こしてしまうのです。

「爪もみ」・・・一口に言ってしまえば、自律神経のバランスを調整する効果があります。

やり方は、「爪の生えぎわの両角」を「親指と人差し指でギュッとつまんでもむ」、これだけです。
薬指の爪はもまないでください。注意点はそれだけ。

どちらも何かしながらできる、手軽な1つの「運動?」です。
これで、「頭痛」や「不眠」「不安神経症」が改善したという例もあるそうですよ。

さぁ、レッツ トライ!!


「青竹踏みも面倒だ!」という場合は、座ったままで運動できる
こんなグッズを利用してみるのも手です。
どんなに簡単な運動でも、習慣づけるまでが大変なんですよね。
普段と全く変わりない生活をしながらでも取り入れることができそうです。


>>目の疲れを取る

あなたの疲労を癒す総合サイトHOMEへ
あなたの疲労を癒す総合サイトHOME

Copyright (c) 2005-2013 あなた、疲れていませんか? All right reserved.

・疲労の原因
・体の疲れを取る方法
・心の疲れを取る方法
・デトックス
・役に立つ健康法
・疲労と関連のある病気
・疲労回復に役立つ雑学